兵庫県川西市の耳鼻いんこう科・アレルギー科【ふじおかクリニック】

アレルギーの診療
 
 
 
 

アレルギーの診療について

当院は診療科目にアレルギー科をあげていますが、その通りアレルギー診療に力を入れています。
今やアレルギー疾患は国民病であり、ほとんどの人が何かに対するアレルギーを持っていると言っても過言ではありません。
当院ではその診断、治療に力を入れています。
アレルギー疾患は喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎などがありますが、当院は耳鼻いんこう科ですので、特にアレルギー性鼻炎についてお話しします。

画像

診断

画像

まずお越しいただいた方のお話を伺うことでアレルギー性鼻炎を疑ったうえで、鼻の粘膜を観察して診断します。
そして当院ではアレルゲン(原因物質)の検査をおすすめしています。というのも、アレルギー疾患は現時点では根本的に治癒させる治療方法はなく、対症療法になります。
その際にも非常に重要となるのが、原因物質を回避することです。その原因物質を回避するためには、原因物質を正しく知り、対策をとることが必要なのです。

検査方法としては食物アレルギーの検査には採血が必要です。
花粉やダニ、ハウスダスト、カビなどの吸入系アレルギーでも同様ですが、当院ではお子さん(特に小学校入学前)の検査では指先から血液を少量とるだけで検査できる簡易検査(イムノキャップラピッドⓇ)を導入しています。

決まった8項目のみではありますが、この検査であれば腕からの採血は不要で20分程度で結果が出ます。(大人の方でも検査可能です)
どの検査が良いかは、診察時にご相談ください。
※薬物や金属アレルギーはプリックテストが必要であり、当院では行っていません。

イムノキャップラピッドⓇ
 

治療

内服薬・外用薬による治療

一般的に行われている治療です。
季節性アレルギーの方は、その時期より少し前から治療を開始することで症状をコントロールしやすくなります。
たとえばスギ花粉症の方は1月下旬からの治療をおすすめします。通年性アレルギーの方は、症状の強さに応じて治療を行います。場合により内服薬を組み合わせたり、外用薬や漢方薬も使用します。

画像
レーザー治療
画像

アレルギー性鼻炎による鼻づまりを改善させるための治療方法です。鼻の中をガーゼで麻酔し、鼻の中をカメラで見ながらレーザーで焼灼します。
術後に鼻づまりが一時的に悪化しますが、その後改善します。
ただ効果の持続時間が長くて2年程度ですので、効果が弱くなってきた方にはレーザーを繰り返して行います。

小学校高学年くらいからであれば可能であり、30分程度で終了します。
症状が強い時にはレーザーを行うと逆効果になりますので、たとえばスギ花粉症の方の場合には12月から1月上旬には治療を行う必要があります。
通年性アレルギーの方は症状の強くない時期をご相談のうえで決定します。

減感作療法

アレルギーによる症状をなくす可能性がある唯一の治療方法です。アレルゲンを体内に直接投与することで、アレルギー反応を起こさないようにするものです。
以前から行われていた注射による治療と、近年始まった舌下免疫療法があり、当院では後者による治療を行っています。
12才以上で、重症の喘息がない、などいくつかの条件はありますが、当てはまる方でご希望される方は採血でアレルゲンを正確に確認した後に、十分な説明を行ったうえで治療を開始します。
毎日舌の下に錠剤を15分程度おき、そのあとうがいをするということを1~2年程度は継続します。

すべての方に治療効果が出るわけではなく、現在日本で発売されているのがスギとダニだけであるという問題点はありますが、興味のある方は一度ご相談ください。

画像
  • みみ・はな・のどの症状でお困りの方へ
  • アレルギーの診療 アレルギー性鼻炎・花粉症など
  • 小児耳鼻咽喉科 お子さんの症状・予防接種
  • 睡眠時無呼吸症候群 いびきでお悩みの方へ
地図
くわしい交通案内へ
Copyright(c) 耳鼻いんこう科 ふじおかクリニック. All Rights Reserved.